Web会議システムやチャットアプリと、LiveCallは何が違うの?

LiveCallとWeb会議システムの違い

 

BtoCサービス専用のビデオ通話システム「LiveCall」

ビデオ通話といっても、世の中には様々なツールがありますよね。

ZoomやGoogle meetのようなWeb会議システムから、SkypeやLineのようなチャットアプリまで、世の中にはたくさんのビデオ通話ツールがあります。

はじめに、LiveCallはWeb会議システムではありません。
Web会議をおこないたい場合は、LiveCallよりもZoomやGoogle meetの方が便利だと思います。

またLiveCallは友達同士のコミュニケーションツールでもありません。
友達と気軽にビデオ通話を楽しみたいなら、SkypeやLINEなどのアプリを使った方が便利でしょう。

LiveCallが優れているのは、BtoCサービスにビデオ通話を利用したいときです。

  • ● アパレルショップやジュエリーショップが、店舗と同じようにオンライン接客を提供したいとき。
  • ● 保険商品や金融商品の説明を、資料を見せながらオンラインで案内したいとき。
  • ● 中古買取業者やリサイクルショップが、ビデオ査定を実施したいとき。
  • ● 医療機関が、オンラン相談やオンライン診療を行いたいとき。
  • ● 弁護士や税理士がオンライン相談を受け付けたいとき。

LiveCallは、企業や店舗、あるいは医療機関といったサービス事業者が、一般のユーザーや消費者向けにサービスを提供するのに特化したビデオ通話システムです。
この記事では、LiveCallと一般的なWeb会議システムやチャットアプリの違いについて、詳しく解説していきます。

LiveCallはBtoCに特化したビデオ通話システム

 

Web会議システムとLiveCallの違い

一般的に、ZoomやGoogle meetなどのビデオ通話システムを使ってWeb会議をおこなう場合、次のような準備が必要です。

  • 1. 会議の相手とメールや電話でスケジュール調整をする
  • 2. Web会議接続用のU R LやI D、パスワードなどを発行する
  • 3. 上記のWeb会議接続情報を、メールなどで相手に共有する
  • 4. 会議当日にWeb会議システムにアクセスする

ビジネスの商談やアポイントメントなら、上記の4ステップは違和感なく進めることができるでしょう。

Web会議システム

しかし、BtoCサービスではどうでしょうか?

お客様とスケジュール調整をし、手動でひとつひとWeb会議接続用のURLを払い出し、さらにメールでそれを送信するのは、サービス事業者にとって工数の負担がかなり大きいです。
またお客様にとっても、スマートフォンからアクセスする場合はアプリのダウンロードが必要など、手間が多くなります。また、貴社のサービスサイトから一時離脱し、外部のWeb会議システムにアクセスしなければならないため、ユーザー導線をシームレスに構築することがどうしても難しくなります。

LiveCallなら、次の3つの特徴によりこの問題を解消し「シームレスなユーザー導線」を構築することができます。

1.ブラウザベースの通話システム

LiveCallはブラウザ上で動くビデオ通話システムです。パソコンでもスマートフォンでもアプリのダウンロードは必要ありません。貴社のサービスサイトに貼ったLiveCallのリンクをワンクリックするだけで、ウェブ上から通話に接続できるため、ユーザーは手軽にサービスを利用することができます。

2.ヘッダーデザインのブランディング

ヘッダーデザインを変えてサービスのブランディングができるのも、LiveCallの大きな特徴です。サービスのロゴを設定したり、背景色もブランドカラーに変更できるため、ユーザーには外部サービスにアクセスしたようには見えません。貴社のサービスサイトからシームレスにビデオ通話へと接続させることができます。

3.予約から通話までのプロセスを自動化できる予約機能

LiveCallでは、予約機能も提供しています。スタッフが通話に対応可能な空き時間を登録すると、ユーザーのカレンダー画面に自動的に空き時間が反映されます。ユーザーが予約を完了すると自動で通話用のワンタイムUR Lが発行され、メールで送信されます。Web会議システムでは手動で行なっていたステップを全てLiveCallシステムが自動で行ってくれるため、事業者の手間を増やすことはありません。

 

チャットアプリとLiveCallの違い

LiveCallはアプリのダウンロード自体が不要という以外にも、チャットアプリとの大きな違いがあります。

LINEやSkypeなどのチャットアプリで会話をするためには、まず友達同士のID交換が必要になります。知らない人からいきなりチャットが送られてきたら怖いので、個人で利用する場合はこのステップは必須ですよね。

一方、BtoCサービスではどうでしょう?サービス提供者と個人ユーザーがI D交換をするのは、少しハードルが高いですよね。それに普段プライベートで利用しているアカウント情報を伝えるのに抵抗のあるユーザーも多いのが事実。
LiveCallであれば、アカウント登録やI D交換不要でワンクリックでビデオ通話を利用できるため、サービス利用のハードルがグッと低くなり、ユーザーの離脱も防ぐことができます。

LiveCallは家のインターフォンのよう

LiveCallは、例えるなら家のインターフォン。

いつでも誰でも鳴らせるインターフォンを、Webサイト上に自由に設置していくイメージです。対応スタッフが家の中にいれば、ユーザーが利用したいその時に通話に接続できます。

スタッフがいつも待機するのは難しいので、あらかじめ時間を決めて訪問してほしい・・・という場合は、LiveCallの予約機能をご利用ください。インターフォンの前にカレンダーを設置し、予約時間にのみインターフォンを鳴らせるようにもしておけるのです。

 

ビデオ通話でサービスを提供したいなら、LiveCall!

このようにLiveCallは、Web会議システムやチャットアプリでは実現できないユーザー導線を構築することができます。サービスのブランディングもできるため、ユーザーは外部サービスにアクセスしていると感じることなく、シームレスなサービス導線を設計することが可能です。

これからビデオ通話を通したBtoCサービスを始めようと思っている方はもちろん、既存のWeb会議システムを使っているけどオペレーション上の複雑さや課題を感じているという方は、ぜひ一度LiveCallにお問合せください。貴社のサービスに最適な機能や導線を提供させていただきます。