web analytics
  • HOME
  • 主な使い方(ユーザー導線)

主な使い方(ユーザー導線)

LiveCallは貴社のサービスに合わせ、最適なユーザー導線を設計することができます。ここではご利用頻度の高い4つの例をご紹介します。

タイプ1:ワンクリックで通話開始(キオスク画面)

ワンクリックで通話を開始できる、シンプルなメニュー画面です。対応可能なオペレーターがいるときはいつでも、ユーザーは通話接続(サービスを利用)できます。どのオペレーターがどのメニューに対応可能かなど、柔軟に設定ができます。

通話メニュー画面

利用手順

  1. オペレーターがログインする
  2. 対応するメニューのステータスが切り替わる
    • オンライン:対応可能(ブルー)
    • オフライン・通話中:順番待ち(オレンジ)
    • ログアウト:現在ご利用できません(グレー)
  3. メニューを選んで、ユーザーが通話開始ボタンを押す
  4. 通話開始

 

タイプ2:予約(ワンタイムURL型)

通話の前に予約プロセスをはさむことができます。ユーザーは事前に予約をおこない、予約時間になったら通話を開始(サービスを利用)します。

ワンタイムURL型予約

利用手順

  1. オペレーターがスケジュールを登録する
  2. ユーザーはカレンダーから日時を選び、予約する
  3. メールまたはSMSに送られた認証コードを入力する
  4. 認証が完了すると予約が確定する
  5. 通話用のワンタイムURLがユーザーに自動送信される
  6. ユーザーは予約日時にワンタイムURLへアクセスすると、通話を開始できる

タイプ3:予約(ユーザー登録型)

ユーザーにアカウント登録をしてもらった上で、予約をおこないます。ユーザーはマイページにログインして、予約や通話の管理をすることができます。

アカウント登録型予約

利用手順

  1. ユーザーは新規アカウントを作成する
  2. オペレーターはスケジュール登録を行う
  3. ユーザーがマイページにログインする
  4. マイページから予約を行う
  5. 予約時間にマイページに再アクセスし、通話を開始する

タイプ4:エンベッドウィジェット

貴社のウェブサイト内にウィジェットを埋め込み、ウィジェット内でテキストチャットやビデオ通話を行うことができます。ユーザーはウェブサイトを閲覧しながら、オペレーターと会話することができます。

サイトにLiveCallウィジェットを埋込
エンベッドウィジェットでのビデオ通話画面イメージ

 


LiveCallは、サービスを最適化させる豊富な機能をご用意しています

機能一覧をチェック

ご不明点な点はお気軽にお問い合わせください

30秒でお問い合わせ

オンライン接客システム「LiveCall」は、
サイトにリンクを貼るだけで簡単導入!

興味をもたれた方は、お気軽にお問合せください。
担当者があなたのサービスに最適な機能を提案いたします。

まずは無料で資料請求!