【機能紹介】優先着信・あふれ呼

優先着信・あふれ呼

 

特定のオペレーターに優先着信

LiveCallでは、あらかじめオペレーターを任意のグループに振り分け、着信の優先順位を設定することができます。

通常、着信はオンライン(対応可能な状態)のオペレーターの中からランダムにアサインされますが、この設定により特定のグループに着信を優先的に振り分けることができます。例えば、複数のコールセンターや拠点などで通話対応を行っている場合、特定の拠点のオペレーターに優先的に着信させ、そこでの通話があふれたら(着信件数がオペレーターの数を上回ってしまうなど)別の拠点のオペレーターに着信させるなど、ビジネスモデルに応じた柔軟な対応が可能になります。コールセンターなどでは「あふれ呼」と呼ばれており、あふれ呼設定をすることでお客様の待ち時間を減らし、顧客満足度や機械損失の改善に繋げることができます。

優先着信ルール

 

優先着信順位は、アクセスアカウントごとに設定できる

優先着信順位は、アクセスアカウントごとに異なる設定が可能です。そのため、例えば、「新宿店からのコールは新宿店のオペレーターを優先的に」「池袋店からのコールは池袋店のオペレーターを優先的に」など、細かくルール設定が可能です。

優先着信設定は、予約機能などとも併用して利用できます。まずは、貴社の運用の中でどのような着信ルールを設けたいか、営業担当にご相談いただければ最適な着信設定をご案内させていただきます。

アカウントごとに優先順位を変更できる

 

グループ設定で、転送機能などにも利用できる

LiveCallには、優先着信設定のほか、通話転送機能や三者通話機能などもご用意しています。
例えば、これらの機能を組み合わせることで、通話の途中で優先度の高いオペレーターグループに空きが出た場合などに、そのグループのオペレーターを呼び出しり、通話を転送できたりします。

このようにLiveCallでは、様々なオペレーションに対応した着信ルールを柔軟に設定できます。コールセンターシステムとしても適しているため、気になる方はお気軽にお問合せください。