web analytics

【不動産営業×オンライン接客】アフターコロナを生き抜くWeb活用術

オンライン接客, 利用ケース

不動産営業におけるオンライン接客

コロナウイルス流行による非対面・非接触ニーズに対応するため、不動産業界をはじめとした様々な業界で「オンライン接客」の導入が広がっています。

オンライン接客とは、ビデオ通話などを使って対面と同様の接客・営業をおこなうことです。自宅にいながらオンラインで住宅の相談や内見ができるため、顧客にとっての利便性も高く、コロナ禍だけでなくニューノーマル時代のスタンダードな販売スタイルとして需要が高まっています。

「対面」「訪問」が当たり前と思われていた不動産の営業活動ですが、内見、重要事項説明、住宅展示場や訪問打合せなど、あらゆる商談をオンラインで行うことができます。

この記事では、不動産営業におけるオンライン接客導入のメリットや実際の活用例、ツールなどについて詳しく紹介していきます。

オンライン接客導入による4つのメリット

1.コロナ禍でも商談機会を逃さない

不動産オンライン接客のメリット1

新型コロナウイルス流行により、店舗へ足を運ぶのをためらう人や物件購入を先送りする人が増え、不動産業界の集客数や成約数は大きなダメージを受けています。

しかしオンライン接客であれば、店舗に訪問せずに非接触で物件の相談ができるため、コロナ禍でも商談機会を維持することができます。

オンライン接客は、これまでオフラインで行っていた営業・商談スタイルを大幅に変える必要はありませんので、営業スタッフにとっても導入のハードルが低いのも特徴です。オンライン接客でも画面共有などをうまく活用することで、物件の資料や写真、動画などを見せて説明ができるので、最初は慣れが必要ですが対面同様の商談がすぐに可能になります。

2. 遠方のお客様とも商談できる

オンライン接客なら、全国のお客様に対応が可能になります。

成約前の顧客は、必ずしも物件を取り扱う店舗の近くに住んでいるとは限りません。特に、県をまたいで引っ越すをする際などは現地に足を運べず、不安を抱えている顧客も多いはず。近くの店舗でも広範囲の物件を扱っているかもしれませんが、その地域に密着した店舗に相談をしたいという顧客も多いでしょう。

オンライン接客を活用すれば、現地に足を運ばなくてもオンライン内見などが提供できますし、どの店舗からも全国のお客様と柔軟な商談が可能になります。

3. 見込み顧客との商談機会を増やせる

不動産オンライン接客のメリット3

オンライン接客の最大のメリットは、顧客にとっての利便性が上がることです。対面商談の場合は、顧客は店舗に足を運ぶ往復の時間、待ち時間、商談時間を考慮して半日以上の時間が取れないと、なかなか相談の申込みができません。

しかしオンライン接客なら空き時間を利用して、より気軽に相談・予約ができるため、まだ本格的に検討していない顧客とも接点を持ちやすくなります。先にオンライン接客などで顧客との信頼関係を築くことで、本格的な検討段階で他社よりもスタートラインに立てるのです。

オンライン接客は、その利便性により、より広い潜在顧客層にもリーチしやすくなります。

4. リモートワーク体制を構築できる

不動産オンライン接客のメリット4

コロナの影響により在宅ワークやリモートワークのニーズも高まりました。不動産業界においても、より柔軟で多様な働き方が求められるようになっています。

オンライン接客は、対応する時間や場所を問わないことから、在宅勤務・リモートワークの構築にも非常に有効です。リモートワーク体制が構築できていれば、今後さらに店舗の営業自粛が強いられることになっても、営業をストップする必要はなくなります。

また、在宅勤務ができるようになれば、これまでフルタイムで勤務するのが難しかった人材なども活用できるようになり、人材不足の解消にも役立つソリューションとなります。

オンライン接客ツールをチェックする

不動産営業でのオンライン接客活用例

オンライン内見|お客様も営業マンも移動時間削減!

オンライン内見で、お客様も営業マンも移動時間削減

オンライン内見は、各物件にいる現地スタッフとお客様をビデオ通話で繋ぎ、部屋の様子や間取りを映像でうつし出して内見を行います。

進学や人事異動なので、遠方に引っ越す場合、引越し前に現地へ行って物件探しをするのは時間も交通費もかかって大変です。オンライン内見なら、お客様は自宅にいながら気になる部屋の内見ができ、時間もお金も節約できます。気になる点や質問があれば、通常の内見と同様、営業マンにその場で質問できるので、お客様も安心です。

さらに、不動産会社のスタッフや営業マンにとっても、業務効率の大幅アップにつながります。通常、営業マンとお客様が1:1で気になる各物件を回りますが、その場合移動時間がかなり掛かってしまいます。オンライン内見を導入すれば、一人のお客様の対応が終わったらすぐにまた別のお客様の対応が可能です。主要物件にスタッフを配置させて、効率良く内見を回していけます。

IT重説|来店不要でお客様の負担を軽減

オンライン接客を活用してIT重説

2017年からビデオ通話などを利用した「ICT重説」が認められるようになりました。

宅地建物取引業法では、不動産の売買や賃貸借契約を結んぶときは、専門家である宅地建物取引士が対面で重要事項の説明をするという決まりがあります。この重要事項説明を、ビデオ通話などオンラインでも行うことがでいるようになったのです。

ICT重説を利用すれば、お客様は自宅などからも重説を受けられ便利になるのはもちろんですが、事業者側にも大きなメリットがあります。ICT重説を導入すると、重説をおこなう専門家も一拠点から全国のお客様に対応できるようになります。各営業所や店舗に1名ずつ専門家を配置する必要がなくなるため、人手不足の解消や人件費削減につながります。さらに、専門家は自宅などからテレワークでICT重説をおこなうことも可能になります。

ICT重説の導入は不動産業界の働き方改革を推進する第一歩にもなりうるのです。

住宅展示場|オフラインの対面接客をオンラインでも提供

オンライン接客を展示場に

オンライン内見と同様、展示場での説明もオンライン化することができます。オンライン接客ツールを利用すれば、お客様はワンクリックで展示会場につながります。

昨今のコロナウイルス感染拡大などの緊急時は、お客様は外出を控え展示場への来店者数も減ってしまいます。そんな緊急時でも、オンライン接客を導入していれば商談や営業活動を継続できます。

平常時でも、現在はオンラインショッピングなどが主流になってきており、営業マンとの打合せや商談もオンライン化が進んでいます。不動産の売買においても、現地に足を運ぶのは最低限に押さえ、ウェブで案内を受けたいというニーズは確実に広がっています。オンライン接客なら、オフラインで行なっている細やかな対応や説明を、そのままオンラインでも提供できます。対面での安心感や細やかな対応をキープしながら、ウェブでの利便性を提供できるオンライン接客の導入を、検討してみてください。

オンライン接客ツールをチェックする

不動産営業に最適なオンライン接客ツール「LiveCall(ライブコール)」

不動産営業に最適なオンライン接客ツール「LiveCall(ライブコール)」

「LiveCall(ライブコール)」は、不動産営業に便利な機能が揃ったオンライン接客ツールです。オンライン接客導入を考えている場合は、ぜひ検討すると良いでしょう。

お問合せ・資料請求

アプリ不要!サイトからワンクリックで商談開始

オンライン接客ツールやオンライン商談システムのほとんどは、パソコンでしか利用できなかったり、スマホでは専用アプリのダウンロードが必要です。これは顧客にとっては少し手間がかかりますよね。

LiveCall(ライブコール)は、パソコンでもスマートフォンでもアプリのダウンロードは一切不要。Webサイトからワンクリックでオンライン商談を開始できます。顧客のビデオはOFFにして、スタッフの映像だけをONにするなど柔軟な通話設定も可能。

顧客にとって利用のハードルが低く、かんたんに使えるように設計されています。

通話中にかんたんに画面共有できる

不動産の商談には、間取り図やモデルルームの写真など、資料を見ながら説明をすることが欠かせませんよね。LiveCall(ライブコール)は、ビデオ通話中に資料を送信することができる他、スタッフのパソコン画面に移っている資料を画面共有もできます。

即時通話も事前予約も、様々な商談スタイルに対応可能

LiveCall(ライブコール)は、Webサイトに貼ったリンクからワンクリックで通話を開始できる即時通話機能と、あらかじめスタッフが登録したスケジュールで商談予約をしてもらう予約機能と2つの機能を用意しています。

スタッフが空いていれば、いつでもその場で商談をしたい場合と、予約機能を利用して事前準備をした上で商談をおこないたい場合など、各企業にとって最適なサービスを構築できます。

まとめ 〜オンライン接客で商談機会を拡大しよう〜

オンライン接客で商談機会を拡大しよう

オンライン接客は、with/afterコロナの新しい接客スタイルとして定着しつつあります。コロナ禍の非接触ニーズに対応できるだけでなく、顧客の利便性を高め、さらなる商談の機会をつくり出します。

不動産業界においても、マンション売買や賃貸契約、オンライン内見やオンライン展示場などあらゆる場面でオンライン接客を活用できます。

オンライン接客は興味があるけど、どんなふうにスタートして良いか分からないという場合は、オンライン接客ツール「LiveCall(ライブコール)」にお問い合わせください。貴社にとって最適な機能や導入方法をご提案いたします。

お問合せ・資料請求

\合わせて読みたい/
「オンライン接客」特集記事

オンライン接客システム「LiveCall」
無料トライアルも実施中!

LiveCallは、アプリ不要・サイトにリンクを貼るだけで、簡単にオンライン接客をスタートできます。
活用方法なども担当営業よりご提案いたしますので、まずはお気軽にお問合せください。

資料請求(無料)

関連記事一覧

カテゴリー別

// SATORI 計測タグ