オンライン内見・ IT重説・住宅展示場 |不動産

内見、重要事項説明、住宅展示場や訪問打合せなど、あらゆる不動産の営業活動をオンラインで行うことができます。お客様は、アプリのダウンロードや会員登録も必要なく、簡単に自宅からWeb接客を受けることができます。

不動産業のWeb接客

 

 

オンライン内見|お客様も営業マンも移動時間削減!

オンライン内見は、各物件にいる現地スタッフとお客様をビデオ通話で繋ぎ、部屋の様子や間取りを映像でうつし出して内見を行います。

進学や人事異動なので、遠方に引っ越す場合、引越し前に現地へ行って物件探しをするのは時間も交通費もかかって大変です。オンライン内見なら、お客様は自宅にいながら気になる部屋の内見ができ、時間もお金も節約できます。気になる点や質問があれば、通常の内見と同様、営業マンにその場で質問できるので、お客様も安心です。

さらに、不動産会社のスタッフや営業マンにとっても、業務効率の大幅アップにつながります。通常、営業マンとお客様が1:1で気になる各物件を回りますが、その場合移動時間がかなり掛かってしまいます。オンライン内見を導入すれば、一人のお客様の対応が終わったらすぐにまた別のお客様の対応が可能です。主要物件にスタッフを配置させて、効率良く内見を回していけます。

オンライン内見

 

 

IT重説|来店不要でお客様の負担を軽減

2017年からビデオ通話などを利用した「ICT重説」が認められるようになりました。

宅地建物取引業法では、不動産の売買や賃貸借契約を結んぶときは、専門家である宅地建物取引士が対面で重要事項の説明をするという決まりがあります。この重要事項説明を、ビデオ通話などオンラインでも行うことがでいるようになったのです。

ICT重説を利用すれば、お客様は自宅などからも重説を受けられ便利になるのはもちろんですが、事業者側にも大きなメリットがあります。ICT重説を導入すると、重説をおこなう専門家も一拠点から全国のお客様に対応できるようになります。各営業所や店舗に1名ずつ専門家を配置する必要がなくなるため、人手不足の解消や人件費削減につながります。さらに、専門家は自宅などからテレワークでICT重説をおこなうことも可能になります。

ICT重説の導入は不動産業界の働き方改革を推進する第一歩にもなりうるのです。

IT重説

 

 

住宅展示場|オフラインの対面接客をオンラインでも提供

オンライン内見と同様、展示場での説明もオンライン化することができます。LiveCallのビデオ通話システムを使えば、お客様はワンクリックで展示会場につながります。

昨今のコロナウイルス感染拡大などの緊急時は、お客様は外出を控え展示場への来店者数も減ってしまいます。そんな緊急時でも、Web対面接客を導入していれば商談や営業活動を継続できます。

平常時でも、現在はオンラインショッピングなどが主流になってきており、営業マンとの打合せや商談もオンライン化が進んでいます。不動産の売買においても、現地に足を運ぶのは最低限に押さえ、ウェブで案内を受けたいというニーズは確実に広がっています。Web接客なら、オフラインで行なっている細やかな対応や説明を、そのままオンラインでも提供できます。対面での安心感や細やかな対応をキープしながら、ウェブでの利便性を提供できるWeb接客の導入を、検討してみてください。

住宅展示場

 

 

不動産業のWeb接客にぴったりなLiveCallの機能

1.スタッフのリアルタイムステータス表示

スタッフの対応状況を、お客様の画面にリアルタイム表示ができます。スタッフが現在対応可能なのか、他の対応中で順番待ちなのか、などが分かります。

 

2.予約機能

LiveCallは、ウェブサイトからワンクリックでビデオ通話をスタートすることもできますが、予約をしてその時間に通話をつなげるという導線も設計できます。お客様の対応に事前準備が必要な場合などに便利です。

 

3.画面共有、三者通話

LiveCallには、スタッフのパソコン上の画面をお客様に共有できる機能や、別のスタッフを通話中に呼び出せる三者通話機能などがあります。その他にも、録画・録音機能や事前アンケート機能など、サービスの内容に合わせて様々な機能を組み合わせてご利用することが可能です。