待望のSafari対応|アプリ不要でSafariからビデオ通話が可能に

遠隔コミュニケーションツールの「LiveCall(ライブコール)」に、ご要望の多かったSafariへの対応が
LiveCall上で実現しました。
今回の対応により、Safariをお使いのお客様にもワンタップでビデオ通話を提供することが可能になります。

特にiPhoneやiPadをお使いのお客様は、今までLiveCallの利用時にアプリのダウンロードが必要でしたが、
今回の対応によりアプリ不要で、より直感的な導線でビデオ通話をお使いいただけます。

さらに多くのユーザーへ、そして幅広い利用シーンにおいてLiveCallをご活用いただけるようになりました。

Safari対応環境について(2018年2月8日現在)
Mac : Safari バージョン 11.0以上
iPhone/iPad : iOS 11.2以上
*バージョンの異なるSafariやiOSをご利用のユーザーには、従来通りLiveCallアプリダウンロードのご案内が表示されます。

対応条件について
・オペレーター環境 : デスクトップChrome(Windows, Mac)をご使用ください
・録画・録音機能には現在対応しておりません

「LiveCall」のご利用に興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。
ご利用のデモや他の事例のご紹介、御社に合わせた使い方などのご提案を行わせていただきます。