Web面接・採用面談

遠隔地にいる求職者と、パソコンやスマホを使って、ウェブ上で面接を行います。地方に住む求職者は移動する必要がないので、エントリーの応募へのハードルが下がり、人材不足解消に繋がります。

オンライン面談・採用面接


地方人材の採用機会が増える

従来の対面面接では、地方や遠方に住む応募者に移動や宿泊といった時間や費用の負担を大きく強いることになっていました。Web面接の導入で来社は不要になり、応募段階での機会損失を防ぐことができます。

また企業にとっても、地方で選考会を開いたり、面接のための会議室の確保など、出張コストや移動時間を軽減でき、大幅なコストカットにつながります。


スケジュール調整の簡易化で業務効率UP

日程調整に時間が取られることは、応募者の入社意欲の低下や採用担当者の負担増にもつながってしまいます。メール等で面接の日程調整を行うと、提示した候補日時では応募者の都合がつかなかったり、一度決定したはずの日時が面接官や応募者の都合で変更されて、何度もやりとりが発生することも生じてしまいます。

LiveCallの予約機能を使えば、面接官が空き時間を登録すると、応募者に自動で提示することができます。応募者は提示された時間から、自分の都合の良い時間を選んで予約するだけなので、スケジュール調整の工程が簡素化できます。

またWeb面接は企業・応募者双方にとって、スキマ時間を活用して実施しやすいため、面接前における辞退者を減らす効果も期待できます。


面接の様子を録画し、採用プロセスの見える化を測れる

LiveCallでは、Web面接の様子を録画・録音して記録することができます。

採用面接のプロセスや内容は、個々の面接官の裁量に依ることが多く、面接プロセスや採用基準がバラバラになってしまう恐れもあります。

そこで、Web面接の様子を録画することで、面接に参加していない他の面接官や現場の担当者の意見を聞くこともできたり、また面接官が自身の面接を振り返えりやすくなることから、面接スキルの向上にもつながります。また社内おける、面接スキル・ナレッジの共有にも繋がり、採用基準の統一化を図ることにも繋がります。


Web面接に便利な予約機能も無料トライアルが可能です。まずは気軽にお問合せください。