民泊・ホテル(無人チェックイン)

民泊やホテルなどの宿泊施設のフロントにタブレットを設置し、LiveCallを用いたビデオ通話でチェックインや本人確認業務を行うことで、フロントの無人化を実現できます。

民泊・ホテルの無人チェックイン


旅館業法・民泊新法に準拠した、無人チェックインに対応

2018年に行われた、民泊新法の施行と旅館業法の改正により、テレビ電話等を用いたリモートチェックインと本人確認が可能になりました。

LiveCallには、民泊新法や旅館業法で義務付けられている業務(「対面による本人確認」「パスポートコピーの取得と保存」「宿泊者名簿の作成と保存」)ができる機能が全て備わっています。

さらに、こうしたチェックイン業務やコンシェルジュを行う民泊やホテル向けに、宿泊施設のフロント代行に特化したアプリ「LiveFrontDesk(ライブフロントデスク)も提供しています。


複数拠点の同時対応で、コスト削減&人材不足を解消

フロント業務の遠隔化によるコスト削減

LiveCallを用いて、フロント業務を遠隔化することで、複数の点在する宿泊施設のフロント業務を全て、1拠点から一元的に対応できるようになります。

宿泊施設のフロントの無人化により、人材不足を解消コスト削減が可能です。


遠隔フロント業務を代行する多言語スタッフもご用意

弊社ではシステムだけでなく、フロント業務を遠隔で代行できる多言語スタッフもご用意しております。(英語・中国語・韓国語・日本語)

宿泊施設の無人化を実現したいけれど、遠隔で対応できるスタッフがいない・・・そんな場合でも、人材の部分も含めてご提供が可能ですので、まずはお気軽にお問合せください。

豊富な実績と柔軟な対応で、多言語コンシェルジュがゲスト様をおもてなし致します。


LiveFrontDesk導入事例

無人チェックイン導入事例

宿泊施設の無人チェックインは、専用サービス「LiveFrontDesk(ライブフロントデスク)」も合わせてご参照ください。