LINEアプリからLiveCall通話をはじめる

ユーザーとのタッチポイントや顧客情報管理ツールとして、LINE公式アカウントを活用している企業も多いのではないのでしょうか。
LiveCallを活用してオ新サービスをはじめる際も、顧客への最初のタッチポイントとしてLINEを利用したいという声を多くいただきます。

LiveCallはブラウザベースで動くWebアプリケーションであるため、URLパラメータなどを利用して、LINEからシームレスなサービス動線を引くことができます。
これからビデオ通話を利用したオンライン接客やリモート査定を始めようとしており、現在LINE公式アカウントを活用している企業様は必見です。

 

LINEからシームレスにビデオ通話サービスに繋げる

LINEからシームレスにビデオ通話サービスに繋げる

LiveCallは、貴社サービスに合わせた通話設定をおこなったうえで、貴社専用のURLを発行します。URLベースのため、LINEが用意しているURLスキームを使って、シームレスにアプリとブラウザ間の導線を作ることができます。URLパラメータを付与したLiveCallのURLをユーザーにお知らせするだけで、ユーザーはLINEアプリからワンタップでビデオ通話に接続することができます。

①リンクを外部ブラウザで開く

LiveCallはブラウザで動くビデオ通話システムであるため、LINEアプリ内のウインドウからはビデオ通話がうまく接続できない可能性があります。そのため、LINEでURLを送る場合はリンクを外部ブラウザで開けるよう、以下のパラメータをLiveCallのURLの末尾に追加して送信するようにしてください。

  1. ?openExternalBrowser=1

 

②LINEのURLスキームを使って戻り先を指定する

LiveCallで通話が終わったあとは、ユーザーをLINEアプリに返したいですよね。LiveCallには戻り先のパラメーターを設定して、通話終了画面から任意のページやアプリに戻す機能が備わっています。そのため、LINEのURLスキームを使ってLINE公式アカウントのタイムラインやアカウントページを開くようなパラメーターを連携すると良いでしょう。

LINEのURLスキームの詳細は、LINEの公式ドキュメントをご参照ください。
https://developers.line.biz/ja/docs/line-login/using-line-url-scheme/

 

任意のデータをLiveCallに連携できる

さらにLiveCallでは、アプリ内の任意のデータをLiveCallに連携させ、通話受電時にオペレーター画面へ表示させることが可能です。

アプリ内に保有されている顧客番号などの任意のデータを、URLパラメーターによりLiveCallへ受け渡すことができます。連携されたデータは、通話に対応するオペレーターの画面で確認できたり、管理者コンソールの通話ログに保存されるため後から確認したりデータ分析などに活用することができます。

 

このように、LiveCallは「BtoCサービス専用のビデオ通話システム」として設計されているため、一般的なウェブ会議システムなどでは実現できないシームレスなユーザー導線をつくることが可能です。
ビデオ通話を利用して、顧客体験の向上や新サービスの立ち上げを検討している企業様は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

貴社の独自アプリとLiveCallのビデオ通話を連携させたい場合は、こちらの記事もご参照ください!

寝具メーカーのエアウィーヴが6月18日におこなった新サービスの発表会で、フィギュアスケーターの浅田真央さんとプロテニス選手の錦織圭さんがLiveCallのビデオ通話を使った「リモート・コンシェルジュ」を体験しました。

エアウィーヴ社が発表したのは、ビデオ通話で専門スタッフに寝具選びの相談ができる「リモート・コンシェルジュ」サービス。
発表会では、リモート販売員に扮した浅田真央さんが、フロリダにいる錦織圭さんにリモート接客を実演しました。10年以上ぶりの対面だというお二人は、お互いの印象や近況報告、ステイホーム中の過ごし方などを、LiveCallを通じて20分以上にわたり会見されました。

記者会見の詳しい様子はこちら
日経BP「寝具のエアウィーヴ、オリンピック向け技術を生かしリモート販売」
フジテレビュー!!「トップアスリートの初共演!浅田真央が10年前に空港でたまたま会った以来のお相手は!?」
ECzineニュース「withコロナ時代のキーワードはリモートとハイジーン エアウィーヴが新サービス・新商品を発表」

今回、エアウィーヴ社がスタートした「リモート接客」はウィズコロナ時代の新しい接客スタイルとして注目を集めています。
アパレル業界やジュエリー業界などでも、多くのブランドが「リモート接客」を取り入れはじめ、ウィズコロナ時代も店舗同様の接客をオンラインで提供しています。

LiveCallは、この「リモート接客」に特化したビデオ通話システムです。「リモート接客」に興味をもたれた方はお気軽にお問い合わせください。

LiveCll 管理者コンソール

LiveCallでは、オペレーターや接客スタッフの状況を俯瞰的に捉え、接客品質の向上に役立てることができる管理者コンソールを提供しています。
オペレーターが遠隔地に点在していても、接客スタッフが複数拠点にまたがっていても、一元的に管理することができます。LiveCallの管理者コンソールは、品質管理、スケジュール管理、顧客管理などができる多彩な機能を備えているため、管理者にとって必要かつ便利なシステムです。

 

オペレーターの状況をリアルタイムで確認

各オペレーターの対応ステータスや入電状況を、管理画面でリアルタイムに確認することができます。オペレーターの対応可能/不可状況やレベル別などのリストアップもできるので、リアルタイムの状況把握や必要に応じた最適アサインなど、効率的に対応することができます。
また、録画オプションをご利用の場合、対応中の通話をモニタリングすることも可能です。録画した通話は、管理者コンソール内で後からも確認できるため、通話内容のレビューや通話品質の向上などに役立てることができます。

オペレーターの管理

 

過去の通話履歴からサービス向上に向けたデータ分析も

管理者コンソールから、過去の全通話履歴のリストや詳細を確認できます。
各通話の詳細画面では、受電日時、通話時間、対応オペレーターの情報をはじめ、ユーザーのアンケート回答内容や通話中のテキストチャット履歴まで確認できます。
通話履歴は、CSV/Excelでデータをダウンロードすることも、通話の合計件数や合計時間の統計情報を表示することも可能です。日単位・週単位・月単位での比較による通話分析や、オペレーター評価などに活用することで、サービス全体の向上に繋げることができます。

通話履歴のチェック

 

予約状況の把握によりスケジュールを管理

管理者コンソールでは、管理下のサービス・オペレーター全ての予約状況を一元管理できます。日毎の予約状況、またはオペレーターごとの予約状況が確認ができます。
各予約の詳細内容も事前に確認でき、お客様名、予約番号、予約メニュー、アンケート回答内容、お客様からのコメント(任意)、ワンタイムURL(オプション)などが表示されます。さらに管理者コンソールからは、お客様の代わりに代行予約(予約のキャンセル含む)の操作をすることも可能です。
予約状況が分かれば、事前にオペレーターなどの人員配置や人件費の検討など、スケジュールを管理しながら円滑なオペレーションを実現できます。

予約カレンダーの一元管理

 

顧客ごとに情報管理することでエンゲージメントを高める

アカウント登録をしたユーザー情報をリストで確認することができます。
ユーザーの登録情報や予約履歴の確認だけでなく、任意でメモを入力することもできるため、顧客ごとの特性を記録することができます。顧客管理をすることで、事前に必要な準備や今後活かすべき点などを確認・共有ができ、顧客にとってもスムーズなコミュニケーションができるため、エンゲージメント向上などに役立てることができます。

ユーザー情報の確認

 

その場で完結、便利な決済機能も搭載

オンラインビデオ通話で顧客と生産的なコミュニケーションが図れたとしても、決済に関する別途やりとりをするなど手間をかけさせるのは非常に不便です。LiveCallなら、お客様にクレジットカードを登録していただければ、管理者コンソールで決済の手続きができます。
予約に対する「サービス料」を決済できるため、カウンセリングやオンライン診療などに活用されています。金額を入力し、実行ボタンを押すだけで、ユーザーのクレジットカードに請求される仕組みです。配送手続きがある場合に便利な決済に紐づくユーザー情報のCSVや、過去の決済レポートのCSVもダウンロード可能です。

管理者コンソール:決済画面

 

BtoCサービスに不可欠な管理者機能があるビデオ通話なら「LiveCall」

このように、LiveCallの管理者コンソールでは、オペレーターから通話履歴、予約状況、決済までを一元的に管理することができます。一般的なビデオ通話アプリやウェブ会議システムには、こうした管理機能はほとんど搭載されていません。
LiveCallは、BtoCサービスに特化したビデオ通話システムのため、サービス管理の機能が充実しています。対応スタッフやオペレーターが、異なる事業所で勤務していたり在宅ワークであっても、管理者コンソールがあれば対応状況を一瞬で把握することができます。LiveCallの通話システムや管理者機能が気になった方は、まずは気軽にお問合せフォームよりご連絡ください。

 



LiveCallとWeb会議システムの違い

 

BtoCサービス専用のビデオ通話システム「LiveCall」

ビデオ通話といっても、世の中には様々なツールがありますよね。

ZoomやGoogle meetのようなWeb会議システムから、SkypeやLineのようなチャットアプリまで、世の中にはたくさんのビデオ通話ツールがあります。

はじめに、LiveCallはWeb会議システムではありません。
Web会議をおこないたい場合は、LiveCallよりもZoomやGoogle meetの方が便利だと思います。

またLiveCallは友達同士のコミュニケーションツールでもありません。
友達と気軽にビデオ通話を楽しみたいなら、SkypeやLINEなどのアプリを使った方が便利でしょう。

LiveCallが優れているのは、BtoCサービスにビデオ通話を利用したいときです。

  • ● アパレルショップやジュエリーショップが、店舗と同じようにオンライン接客を提供したいとき。
  • ● 保険商品や金融商品の説明を、資料を見せながらオンラインで案内したいとき。
  • ● 中古買取業者やリサイクルショップが、ビデオ査定を実施したいとき。
  • ● 医療機関が、オンラン相談やオンライン診療を行いたいとき。
  • ● 弁護士や税理士がオンライン相談を受け付けたいとき。

LiveCallは、企業や店舗、あるいは医療機関といったサービス事業者が、一般のユーザーや消費者向けにサービスを提供するのに特化したビデオ通話システムです。
この記事では、LiveCallと一般的なWeb会議システムやチャットアプリの違いについて、詳しく解説していきます。

LiveCallはBtoCに特化したビデオ通話システム

 

Web会議システムとLiveCallの違い

一般的に、ZoomやGoogle meetなどのビデオ通話システムを使ってWeb会議をおこなう場合、次のような準備が必要です。

  • 1. 会議の相手とメールや電話でスケジュール調整をする
  • 2. Web会議接続用のU R LやI D、パスワードなどを発行する
  • 3. 上記のWeb会議接続情報を、メールなどで相手に共有する
  • 4. 会議当日にWeb会議システムにアクセスする

ビジネスの商談やアポイントメントなら、上記の4ステップは違和感なく進めることができるでしょう。

Web会議システム

しかし、BtoCサービスではどうでしょうか?

お客様とスケジュール調整をし、手動でひとつひとWeb会議接続用のURLを払い出し、さらにメールでそれを送信するのは、サービス事業者にとって工数の負担がかなり大きいです。
またお客様にとっても、スマートフォンからアクセスする場合はアプリのダウンロードが必要など、手間が多くなります。また、貴社のサービスサイトから一時離脱し、外部のWeb会議システムにアクセスしなければならないため、ユーザー導線をシームレスに構築することがどうしても難しくなります。

LiveCallなら、次の3つの特徴によりこの問題を解消し「シームレスなユーザー導線」を構築することができます。

1.ブラウザベースの通話システム

LiveCallはブラウザ上で動くビデオ通話システムです。パソコンでもスマートフォンでもアプリのダウンロードは必要ありません。貴社のサービスサイトに貼ったLiveCallのリンクをワンクリックするだけで、ウェブ上から通話に接続できるため、ユーザーは手軽にサービスを利用することができます。

2.ヘッダーデザインのブランディング

ヘッダーデザインを変えてサービスのブランディングができるのも、LiveCallの大きな特徴です。サービスのロゴを設定したり、背景色もブランドカラーに変更できるため、ユーザーには外部サービスにアクセスしたようには見えません。貴社のサービスサイトからシームレスにビデオ通話へと接続させることができます。

3.予約から通話までのプロセスを自動化できる予約機能

LiveCallでは、予約機能も提供しています。スタッフが通話に対応可能な空き時間を登録すると、ユーザーのカレンダー画面に自動的に空き時間が反映されます。ユーザーが予約を完了すると自動で通話用のワンタイムUR Lが発行され、メールで送信されます。Web会議システムでは手動で行なっていたステップを全てLiveCallシステムが自動で行ってくれるため、事業者の手間を増やすことはありません。

 

チャットアプリとLiveCallの違い

LiveCallはアプリのダウンロード自体が不要という以外にも、チャットアプリとの大きな違いがあります。

LINEやSkypeなどのチャットアプリで会話をするためには、まず友達同士のID交換が必要になります。知らない人からいきなりチャットが送られてきたら怖いので、個人で利用する場合はこのステップは必須ですよね。

一方、BtoCサービスではどうでしょう?サービス提供者と個人ユーザーがI D交換をするのは、少しハードルが高いですよね。それに普段プライベートで利用しているアカウント情報を伝えるのに抵抗のあるユーザーも多いのが事実。
LiveCallであれば、アカウント登録やI D交換不要でワンクリックでビデオ通話を利用できるため、サービス利用のハードルがグッと低くなり、ユーザーの離脱も防ぐことができます。

LiveCallは家のインターフォンのよう

LiveCallは、例えるなら家のインターフォン。

いつでも誰でも鳴らせるインターフォンを、Webサイト上に自由に設置していくイメージです。対応スタッフが家の中にいれば、ユーザーが利用したいその時に通話に接続できます。

スタッフがいつも待機するのは難しいので、あらかじめ時間を決めて訪問してほしい・・・という場合は、LiveCallの予約機能をご利用ください。インターフォンの前にカレンダーを設置し、予約時間にのみインターフォンを鳴らせるようにもしておけるのです。

 

ビデオ通話でサービスを提供したいなら、LiveCall!

このようにLiveCallは、Web会議システムやチャットアプリでは実現できないユーザー導線を構築することができます。サービスのブランディングもできるため、ユーザーは外部サービスにアクセスしていると感じることなく、シームレスなサービス導線を設計することが可能です。

これからビデオ通話を通したBtoCサービスを始めようと思っている方はもちろん、既存のWeb会議システムを使っているけどオペレーション上の複雑さや課題を感じているという方は、ぜひ一度LiveCallにお問合せください。貴社のサービスに最適な機能や導線を提供させていただきます。