LiveCallの画面共有機能


通話しながら、自分の画面を相手に共有

LiveCallでは、ビデオ通話や音声通話中に、自分が見ているパソコン上の画面を相手に共有することができます。パソコンのデスクトップ画面全体を共有することも、共有するアプリやウィンドウを選んで共有することも可能です。

閲覧しているウェブページを一緒に見たり、企画書などの資料を共有することで、効率的な案内や商談を進められます。またカスタマーサポートにおいても、同じ画面をリアルタイムで共有しながら利用方法などを案内でき、メールや電話のみでは分かりにくい内容も、迅速かつ適切に伝えられ、結果として応対効率なども向上させることができます。


スマホ・タブレット・PC、ユーザーはどんな端末でもOK

LiveCallの画面共有機能は、PCのみならずスマートフォンやタブレットにも対応しているため、ユーザーのデバイス環境を選ばずに利用することができます。

タブレットやモバイルでの画面共有イメージ

まずは気軽にご相談ください!

画面共有をはじめ、LiveCallには様々な便利な機能が備わっています。

まずは貴社のサービス内容をお聞かせください。一緒にユーザージャーニーを設計し、最適な機能をご提案させていただきます。無料トライアルもご用意しておりますので、まずはお気軽にお問合せください。


遠隔地にいる求職者と、パソコンやスマホを使って、ウェブ上で面接を行います。地方に住む求職者は移動する必要がないので、エントリーの応募へのハードルが下がり、人材不足解消に繋がります。

(more...)

特定保健指導におけるICT(情報通信技術)を活用した遠隔面談に、LiveCallが広く採用されています。面談のオンライン化により、面談の実施率向上や運用コストの削減が期待できます。

(more...)

民泊やホテルなどの宿泊施設のフロントにタブレットを設置し、LiveCallを用いたビデオ通話でチェックインや本人確認業務を行うことで、フロントの無人化を実現できます。

(more...)