ユーザー登録不要だからスピーディーに予約完了! より気軽に予約を受け付けることが可能になりました

LiveCallにスピーディーに予約が完結できる「ワンタイムURL予約機能」が加わりました。
これまでの予約機能では、ユーザーが予約に進む前に会員登録のステップを踏む必要がありましたが、今回リリースした新しい「ワンタイムURL予約機能」を使うことで、ユーザー登録する手間を省き、SMS認証などの簡単なステップだけで「予約」を完了することができるようになりました。

煩雑なステップなく、気軽にユーザーからの予約を受け付けたい企業様などで特にご活用いただける機能です。

ワンタイムURL予約の基本フロー

① 予約日時を選択
ユーザーは自分の都合のいい日時を選び予約に進みます

② SMS(電話番号) または、Eメール認証
ビデオ通話に必要なURLを取得するため、電話番号もしくはEメールアドレスを入力します

③ 認証コードの入力
SMSまたはEメールに送信された「認証コード」を入力します

④ 予約完了
予約が完了しました。別途、認証に使った電話番号またはEメールアドレスにビデオ通話用のワンタイムURLが送信されます

ワンタイムURL受信〜通話までのフロー

ワンタイムURLの受信
認証に使用したSMSやEメールアドレスに、ビデオ通話用のワンタイムURLが届きます

予約の当日
ワンタイムURLにアクセスしてビデオ通話を開始します。

【Point】ユーザーは、予約完了時に受け取ったワンタイムURLを通じて予約の変更やキャンセル操作をすることが可能です。
また、オペレーター側では、「予約キャンセル期限」など自由に設定することが可能です。
ビデオ通話の終了後(もしくはURLの有効期限が終了後)に、ワンタイムURLは自動消滅しますので安全です。

予約機能のオプション

予約メニュー
ユーザーが予約日時を選択する前に「予約メニュー」を表示し、どのメニューを希望するか選択してもらうことができます。
この機能を使うことにより、ユーザーに対して適切なオペレーターの空き状況のみを表示させることができます。

アンケート
予約日時を入力した後に、ユーザーにアンケート回答を求めることができます。
ビデオ通話前に予め聞いてきたい事項(お名前、具体的な質問事項など)を記入形式または選択形式など自由にご設定いただけます。

おわりに

LiveCall(ライブコール)は、アプリ不要、対応ブラウザからそのままビデオ通話ができる遠隔コミュニケーションサービスです。
「LiveCall」のご利用に興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。
ご利用のデモや他の事例のご紹介、御社に合わせた使い方などのご提案を行わせていただきます。

遠隔コミュニケーションツールの「LiveCall(ライブコール)」に、ご要望の多かったSafariへの対応が
LiveCall上で実現しました。
今回の対応により、Safariをお使いのお客様にもワンタップでビデオ通話を提供することが可能になります。

特にiPhoneやiPadをお使いのお客様は、今までLiveCallの利用時にアプリのダウンロードが必要でしたが、
今回の対応によりアプリ不要で、より直感的な導線でビデオ通話をお使いいただけます。

さらに多くのユーザーへ、そして幅広い利用シーンにおいてLiveCallをご活用いただけるようになりました。

Safari対応環境について(2018年2月8日現在)
Mac : Safari バージョン 11.0以上
iPhone/iPad : iOS 11.2以上
*バージョンの異なるSafariやiOSをご利用のユーザーには、従来通りLiveCallアプリダウンロードのご案内が表示されます。

対応条件について
・オペレーター環境 : デスクトップChrome(Windows, Mac)をご使用ください
・録画・録音機能には現在対応しておりません

「LiveCall」のご利用に興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。
ご利用のデモや他の事例のご紹介、御社に合わせた使い方などのご提案を行わせていただきます。